出会い系サイトは、ネット上で異性との出会いを見つけることができる大変便利なサービスです。
インターネットの環境が整っていれば、パソコンやスマホ、ケータイを使って簡単に出会いの相手を見つけることができるわけですから、日頃から異性との出会いに恵まれないという人や目的に合った理想の相手と出会いたいという人にとっては、この上ない出会いの場となっていることは言うまでもありません。

そんな便利な出会い系サイトですが、間違った使い方をしてしまうと思いがけないトラブルや時には犯罪の被害者、あるいは加害者となってしまうこともあるので気をつけなければいけません。

ここでは、出会い系サイトを利用するうえでやってはいけないことについてまとめています。

出会い系サイト規制法

ネット社会と言われる今日においては、出会い系サイトは今どきの出会いの形と言っても過言ではなくなってきています。
しかし、利用者が増えてくると誤った使い方をする人や悪意を持って利用する人も現れ、結果的に出会い系サイトに起因するトラブルや犯罪が後を絶たないのが現状です。

出会い系サイトの利用によって発生した犯罪やトラブルは、ニュースや新聞でも目にすることがありますが、なかでも出会い系サイトの被害者として取り沙汰されるのが18歳未満の少年少女です。
出会い系サイトには、18未満の利用や18歳未満の異性との交際を目的とした書き込みを禁ずる「出会い系サイト規制法」という法律があり、これに違反すると処罰の対象となりますので、正しい知識を身につけておく必要があります。

利用者がやってはいけないこと

出会い系サイト規制法に基づく事項で利用者がやってはいけないことについてまとめてみます。
まずは、18歳未満の少年少女が出会い系サイトを利用することは禁止されています。
また、出会い系サイトの掲示板に18歳未満の異性との交際を求める書き込みをすることは禁止されています。

出会い系サイトの掲示板に18歳未満の者を性交の相手として交際を求める書き込みをした人や18歳未満の異性に対して金品を目的とした交際を求める書き込みをした人は処罰されます。

分かりやすく言うと、出会い系サイトに18歳未満の者を対象とする書き込みをしたり、援助交際を目的とした書き込みはやってはいけないということです。

出会い系サイトに起因する犯罪

出会い系サイト規制法以外にも出会い系サイトに起因する犯罪は多数発生しています。
たとえば、児童買春や児童ポルノ、さらには強制わいせつなどがそれです。
これらの行為は、出会い系サイトの利用が要因で起こりうる犯罪行為であり、検挙される事案であるため改めて理解しておきましょう。

知らなかったではすまされません。
出会い系サイトに関する法的な知識を身につけて、犯罪やトラブルに巻き込まれないようにしましょう。